台北1日目 『奇福扁食』

台湾

台湾と日本の時差は1時間です

現地時刻10:00頃にはホテルに到着してしまいました

早いですね
 

チェックインできるのは15:00

チェックインの手続きだけ先に済ませて、

荷物を預けてランチと観光へ行くことにしまーす 



別プランとして、空港送迎でチェックインの15:00頃まで、

料金を追加して市内観光をプラスするか悩んでました

(実際そういうプランも紹介されていたので・・・) 


でも、その観光する時間にかかる『料金

全員の滞在中『交通費が出るよねお釣り出るよね

という判断で、直でホテルへ送ってもらいあとは電車とバスを
 

使って移動しようということになりました。


空港送迎以外に翌日もチャーター予約してたので
節約しないと

いけないですからね~ 


タイミングよく雨も上がっていたので
  
『このままやんでくれ~と願いながら出発 


パークタイペイホテルは『大安駅』6番出口目の前立地

最高ですよね
 

『永康街』目指します

『大安駅』から2駅の『東門駅』


永康街へ行くには出口『5』近いです

でも、うちは目的のお店があったので『6』の出口から


お店は『奇福扁食』さんです


台湾はまだ2回目で、あまり台湾のこと知らないのでネットで


調べてここに決めました
 


お店選びの条件として

まずは、お店がキレイな事とお値段が安い事


そして姪っ子がちゃんと食べれるものがある事

この3項目を満たしていそうなお店を選びました。
 


口コミで美味しいと人気のあったものを頼みました。
 

『肉燥飯』 2つ ← 姪っ子お口に合ったみたいでよく食べました


『肉鮮扁食乾麺
(肉ワンタン)』
1つと


『鮮蝦扁食乾麺(エビワンタン)』3つを注文

実は…家族の誰にも未だ言ってませんが


ボケッ~としてまして・・・
 

ちょっと写真では見にくいのでUPにします。





うちの家族、私に全て、お任せな人たちなので言わなきゃ、

絶対にバレませんが
 

面白い記念なので書いちゃいます



2つは『扁食麺』にして食べ比べするつもり
だったのに

すっかり忘れて全部
同じスープなしのものを頼んでしまいました


まぁ、今更なんでね


美味しかったのでみんな許してちょーだい
 


メニューは日本人とわかるとすぐに、日本語の
メニューを持ってきて

くれるので、簡単に注文できます

食べたいものが決まったら、自分で伝票に記入して店員さんに

渡すと注文完了

難しくないので、すぐにわかると思いますが 

私のように『湯』『乾』を間違えないように
してください 

いつか…再チャレンジ したいと思います
 


そしてうちの家族…この店に着いたとき・・中に入ったとき・・


人のいない店内に不安そうでした


『これくらい人がいない方がいい』とか
父は言ってましたが、
 

絶対、強がりだな!!

 


こちらのお店オープンが10:30です。
 

オープンしたばかりで、ランチタイムにも早すぎで・・・


お客さんがいないのではなく…人気が無い・・・のでもなく


私たちが早く来すぎた
だけでした

食べ終わって帰る頃には・・・

店内割と広いのですがほぼ満席に一瞬でいっぱいになってました


どちらかというと、地元の人が多かったんですけど、

ガイドブック持った日本人旅行者も食べに来てました


1人300円くらいで美味しく食べることが出来るオススメできるお店です。
 

< /span>


『奇福扁食』

台北市信義路二段243巷2號


MRT東門駅 6番出口



コメント

タイトルとURLをコピーしました