台北3日目『鼎泰豊』

台湾

私の携帯…『』と入力するだけで

『鼎泰豊』

と出てくるようになりました

下りのエレベーターで待ちがあったので、鼎泰豊が混む~

心配しましたが、エレベーターを降りて急ぎ足…

イヤ 微妙な小走り で行くと5分待ちと… 言われました


大した待ち時間じゃない ラッキー

※鼎泰豊の入口、右手に受付する場所があり、人数を伝えれば、

 呼び出し番号とメニュー・注文票とペンが渡され、だいたいの

 待ち時間を教えてくれます

私たちは5分待ちと言われましたが、実際は10分くらい待ちました。


その待ち時間にメニューを見て、オーダーが決まれば注文票に記入して

おけば、席に案内された時にスムーズに注文できます。


受付の上に電光掲示板があって、そこに渡された番号が表示されたら

受付に行けばいいのですが、店員さんも日本語出来るし、スタッフに日本人も

いるので安心です


呼出の電光掲示板は4つに分かれてました。人数によって分けているようでした。


そしてここに来て頼むのは決まってます


『小籠包』


これ
だけでいい


ってわけにもいかないので


メインは小籠包で、箸休めに『炒飯』的な
オーダーにしてみました


今回はアレコレ食べず『小籠包』だけをガッツリ 食べたかったので、

家族の意見ほとんど聞きません


でも 小籠包5って書いたら、


『多いよっ』
って店員さんに言われちゃいました


1人10個小籠包の計算だった…


食べきれないと思います』と言われたのでここはアドバイスを聞いて


小籠包は3つに変更。


食べきれる量をちゃんとアドバイスしてくれるお店はありがたいですね


お子様にはちゃんとチビッコ用のお皿が用意
されてます かわいい

小籠包のタレ


こちら、店員さんが作ってくれます


『はい!醤油~


ちょっと〜


酢~たくさ〜ん』


と言いながら


酢が苦手な場合は伝えれば『酢』無しで作ってくれますよ。

来たよ 来たよ


『小籠包』


じゃ〜ん!!!

そして、1種類オサレな小籠包も頼みました


『トリュフ小籠包』

それ以外に頼んだものは


『パーコー炒飯』 


『五目御飯』
 


炒飯もパラパラしてて美味しい

『空芯菜』

『とまととたまごのスープ』


スープのちゃんとした名前は不明



そうです!


そうなんですよ!


天厨菜館同様…


おばばが勝手に頼みました


『空芯菜』って…初めて知りましたが


沖縄では『ウンチェーバー』と言って、

昔からよく食べられていたものなんだそうです


空芯菜というと中華料理のイメージで、
美味しい 美味しい って

食べてましたが…まさかの


『ウンチェーバー』とは…思わなんだ


普段ウンチェーバーなんて食べません
でしたが、同じものなんですね


安いし、普通にスーパーに売ってて手に入る野菜なので、

沖縄帰っても『空芯菜』作って食べられるってこと

最後に『あんまん』が食べたい~


言い続けたじじぃのために


『ミニあんまん』


『ミニタロイモまん』


をデザートで注文 プチサイズで食後にちょうどいい大きさ


これも美味しかったです

今思い出しても、また小籠包食べたいなぁ〜

今のところ『鼎泰豊』が1番 と思ってますが、探せば他にも美味しい 

小籠包ありそうですよね
 

次はいつ行けるかわからないけど、台湾小籠包情報を集めようと思います 

安くて美味しい小籠包のお店知ってる方

是非 教えてください。

┏○))お願いしまーす


スゴイですよ みなさん黙々と作り続けてます 

美味しい小籠包作ってくれて
 謝謝 

┏○)) アザ━━━━━━━━ス!


食後は外に出て、外側から台北101を見学高すぎて真下からだと写りません


101をキレイ
に写せるポイントはネットで調べると出てきますが、

今回は最終日でまだ行きたいところがあったので、そのオススメポイントには

行きませんでした


次は離れたとこから、夜景バージョンでも
見てみたいと思ってます


真下からどうにか地面にスレスレに…
写してみましたが


写してる姿は結構、笑えます あの辺りにいる人みんな地面スレスレで

写してます

また登るか と言われると…もう登らないかもしれませんが


1番興味があるのは、年末のカウントダウンで台北101から上がるという 花火


めっちゃ、興味があります


お正月はお年玉 出費がかさむから、


年末から台北に逃げちゃおうかなぁ〜


『お年玉!あげる分で台北に逃げよう旅行』


決行したら、姪っ子・甥っ子ショック 受けちゃいますね


だけど・・・あげるお年玉より、旅費のほうが高くつくな


では、またまた電車 に乗って次なる場所へ移動します

コメント

タイトルとURLをコピーしました