2016.5.7 台北2日目『點點心 微風信義店』

台湾

以前から行きたいなぁ~食べたいなぁ~と思っていたお店へ

やっと行くことができました

『點點心 微風信義店』

このお店の本店は『香港』にあるそうです


他の方のブログ情報だと、ほとんど

『並んでいる!』『待ち覚悟で!』

ということを書いてあったので、なるべく並びたくない 待ちたくない

私たちは通常のご飯時間からずらしてお店に行ってみました。

4時前だったような・・・気がします。あまりに早い夕飯ですね

でも、午前中に肉まん?野菜まん?しか食べてないので腹ペコでした

おかげで奇跡の待ちなしで、入店することができました

空いていたわけではなく・・私たちの前に1組

で、私たち の2組だけがすぐに席に座ることができました

その後の人たちからは・・・並んでいました。

タイミング良すぎて ラッキーです

一応、90分の時間制なので回転していると思います。

『鮮蝦金魚雲呑』(金魚型エビワンタン)

上のソースは少しピリ辛でした。


金魚に見えますか

『鮮蝦菜苗餃』(エビと野菜入り蒸し餃子)


具がどっさりと詰まっていて、エビがぷりぷりで美味い

『脆皮鮮蝦腸』(エビ入り揚げ腸粉)


推マークが付いてたので、どんなものかな〜的な感じで頼んでみました。

美味しいんだけど…中に入ってる油条揚げパン

アレが最初はサクッとしますがその後歯にまとまりつく感じで…


苦手でした

『花菇滑雞飯』(キノコと鶏肉の炊き込みごはん)


ご飯ものが欲しかったので頼んでみました。

鶏肉自体はおいしかったけど、ご飯が…パサパサ(((;꒪ꈊ꒪;)))

すっかり忘れてましたが私…香港のご飯が苦手なんですよね

そして!!これをお目当てにこのお店に来たんです

『猪仔流沙包』(カスタードクリームマン)


可愛いブタちゃん

そして…みんなのマネをしてどうしてもやりたかったこと


ブタちゃんの鼻からカスタード出し
( ✧Д✧) カッ!!

でもコレ…お箸を鼻の穴に刺して穴をあけないと出てきません。

コレから行かれる方は、ブタちゃんの鼻の穴にお箸を刺して下さい

私は知らずに1つ…

ただブタちゃんを潰しただけでllllll(-ω-;)llllll

ペチャンコにしてしまいました(((;꒪ꈊ꒪;)))



最近ビールを飲まなくなったDさんですが、珍しくビールを注文

『穀雨茶啤酒』(台湾穀雨ビール)


少し変わったビール色も濃ゆいですね

ちょっと調べてみました

このビールは、副原料に台湾産のウーロン茶を使用したペールエール。

確かによく見てみると、ラベルに『Tea Aie』と書いてあります

Dさん変わった味〜と言ってましたが、

ウーロン茶が入ってるなら変わった味なのも理解できますね


私も変わったものを…

『咸檸檬雪碧』(塩漬けレモン入れスプライト)

 

コレね〜‼‼(⌯˃̶᷄ ꈊ˂̶᷄ ૢ)ꋧ超〜まずい(((;꒪ꈊ꒪;)))

缶からそのままスプライトを飲めばよかったと猛烈に後悔しました

塩漬けレモンというより…塩スプライト

オススメしませんが、興味のあるかたはどうぞ

店内お客さんでいっぱいなので、天井だけ撮影



入口付近のガラス張りになっている席に座りましたが…

この席、オススメできません

スゴイ人数の人が待っています…3列くらいできて並んでいる。

そしてこの席は・・・この人たちの視線を感じながらの食事です


奥は狭く感じますが、待ち人の視線を受けながら食べるよりいいかと思います。

いっぱいだと、席を選ぶこともできないですけどね・・・

こちらのお店のメニューの一部ですが、写真つきで紹介されています

 

文字だけの部分もありますが、中国語・英語・日本語で表記されているので

とてもわかりやすかったです。

注文は伝票に記入して店員さんに渡せば、オーダーOK

 お店の場所

 

市政府駅3番出口に向かって進むと『微風信義』のB1Fにつながっています。

そこのB1Fにあるので、わかりやすいと思います。

台北101も近いので観光の後このあたりを散策するのも楽しそう

私はこのあたりで個人的にオススメなのが・・・『ATT4FUN』

おしゃれなファッションビルです。上にかわいいカフェもあって女子は

きっと好きな場所だと思います

GUも入店してますよ(日本で買ったほうが安いけど・・・)

『點點心 微風信義店』に行く際は、

時間に余裕のあるとき ←待ち時間でスケジュールがずれるともったいない 

一般的な食事時間からずらして行く ←それでも並んでいるかも

オープン狙い ←これがいちばん無難そう・・・

って感じですが・・正直私の感想としては

並んで食べるほど・・・美味しいかもう行かないな・・・です。

台北にはもっと安くて美味しいものたくさんありますからね


コメント

タイトルとURLをコピーしました