シンガポールで病院へ行く

2019年1月旅の旅程

沖縄→東京(羽田)〈3日間〉

東京(成田)→マレーシア(クアラルンプール)〈3日間〉

マレーシア(クアラルンプール)→シンガポール(チャンギ)〈3日間〉

国内ではインフルエンザが大流行してる中、

快調で海外へ出発したのですが…

寒暖差に負けマレーシア到着時点で喉の痛み発生。

持参していた風邪薬を飲んでいましたが…

なかなか良くならず、シンガポール入り。

遂に喉が腫れて食事も取れなくなってしまったDさん

ガ―(´・ω・|||)―ン!!

このままでは帰りの便に差し支えてしまうかもしれないということで、

初の海外病院へ行くことになりました。

こうなる事を予測していたのか??

今回は出発前日に【海外旅行保険】に加入してました。

5日以上の海外の場合は、なるべく海外旅行保険に加入しています

あと・・飛行機のフライト時間の長い場所へ行く時など・・・

まずは加入した保険会社へ連絡。

フリーダイヤルへ電話をかけたのですが、海外からだとこちらにも

料金がかかってしまう可能性もある場合もあるのでと言われ、

保険会社さんの方からすぐに折り返してくれました。

ありがたい

一番近い病院は、

日本語は通じますが、予約ができないため待ち時間が長くなってしまう。

ホテルからタクシーで15分くらいの場所にある病院は予約可能で、

日本語の通じる病院という事で、そちらを予約してもらいました。

病気で辛い時に、待ち時間が長いと辛いですからね…

スポンサーリンク

紹介してもらった病院は

《ニチイ インターナショナル クリニック》

受付の方が日本人で安心して受付もできました。

保険会社のほうから予約も入っていたので、

お待ちしておりました!的な感じでスムーズに受付完了。

保険証券は持っていなかったのですが、

保険会社の方で病院とやり取りをしてくれるとのことでした。

受付が済んだら、すぐに診察。

私は待合室にいたので中はわかりませんが、

お医者さんは日本語の上手な中国人かな??

日本人の先生ではなかったそうです。

診察自体は一般的な風邪の検査と同じだったそうです。

関節痛など無くても、インフルエンザの可能性もあるという事で

インフルエンザ検査をして、10分ほどで結果が出て

「問題なし」

インフルエンザではなかったので安心

インフルエンザだったら、帰りの飛行機どおなるのー??

なんて考えてましたが、海外に来てるのに風邪は良くないですが…

インフルエンザじゃないのがわかったので良し!!

ちなみに調べてみたんですが、

インフルエンザの場合、飛行機乗れないそうです。

学校などと同じ条件だそうです。

国内ならまだしも、海外しかもホテル代の高いシンガポール。

インフルエンザで帰れなくなったら大ピンチですね。

話は戻って…

診察室から戻ったDさん。

手には大量の薬。

抗生物質・痛み止め・解熱剤・鼻水の薬・咳止めの薬

咳止めキャンディ・うがい薬

日本でもらう倍くらいの量の薬を飲んで持って出てきました(笑)

1種類単位でももすごい多いし…

海外では1回で出してくれる薬の量が多いみたいです。

すべて日本語で説明の記載もあり、わかりやすかったです。

全部飲むわけで無く鼻水と咳止めは症状に応じてなので、

とにかく痛み止め・解熱剤・抗生物質を滞在中言われた通りに服用。

痛み止めがよく効くようで、食事前30分前くらいに服用することで、

食事も取れるようになりました。

お会計はキャッシュレスでした。

病院と保険会社のほうで、やり取りしてくれるそうです。

病院への往復のタクシー代金も帰国後請求可能だと言われました。

海外出張が多く毎月海外へ出てますが、必ず保険に加入していません。

クレジットカード付帯の海外旅行保険でまかなえるかな?と思って。

ですが、今回利用してみて

海外旅行に行く時は、保険!大事ですね。

風邪だったので、クレカ付帯のでも大丈夫だったとは思いますが、

病気はなりたくてなるものではないので、念には念を!!で、

改めて今後も加入しよう!と思いました。

今回加入した保険会社は、「損保ジャパン」

お値段も一番安いプランに加入(1人2000円くらい)

1週間2000円で買える安心です。

海外へ行かれる方!安心のためにも保険加入検討してみてくだい。

ちなみに・・・以前HISの海外旅行保険に加入した際に

携行品損害を利用したこともあります。

タイの空港で「MacBook」を墜落させてしまいました。

15cmくらいの高さから落ち、パソコンケースに入れていたので、

まさか!壊れるとは・・って感じだったのですが

液晶が・・

帰国して修理に出すと・・7万円近い金額

その時も携行品損害で修理していただきました。

しかし・・携行品損害保険を利用するとその保険には

もう加入できなくなります。

条件は、5万円以上の保険金の受け取りだったかな?

3年くらい加入できないそうで・・

HISの保険が一番安いのですが、こちらにはしばらく加入できません。

ですが、大事な仕事道具。

修理して頂けてとても助かりました。

旅に出た際、何も起きず無事帰国するのが一番ですが

もしものために保険に加入するのは大事です

私は同じ空間にずっといて、同じコップで水など飲んでいましたが

全く病気がうつる事なくピンピン

いろいろネットで調べてる時に見つけたのど飴

こちらを時々食べて予防して、元気に帰国しました

こののど飴!!おすすめですよ

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA